top of page

秩父ウイスキー祭2024が無事に終了しました!

弊社ウェブサイトへアクセス頂き、有難うございます。

シングルキャスクジャパン代表の佐々木です。


無事に昨日開催された「秩父ウイスキー祭2024」に出展してまいりました。

出展直後の興奮が冷めないうちに、ブログを書こうと思います。


Whisky Lovers Nagoya 2024での麻屋商店様との共同出展ブース

秩父ウイスキー祭は、日本のみならず海外のウイスキーファンにも有名なウイスキーフェスです。埼玉県秩父市にて2014年から開催されていて、今回は11回目の開催だそうです。当日券の販売はなく、4000人の来場者がありました。


私が秩父を初めて訪れたのは、昨年の5月頃のことです。

英国法人オーナーのベン・カーティス夫妻とともに、日頃お世話になっている方の案内で各所訪問させて頂いたのでした。

ウイスキーを飲んでいれば、秩父の名前は必ずと言っていいほど出てくるかも知れません。昨年初訪問した際は、秩父蒸溜所を特別に見学させて頂くなどして、秩父という土地とウイスキーの強いつながりを感じたのでした。


今回の出展は、関係者の方のご尽力のおかげです。

主催側によれば、昨今は出展希望があってもなかなか出展者数を増やせないそうです。貴重な機会を頂けて、本当に幸運だったと思います。

当日の弊社ブースは、秩父駅前の地場産センター近くにあるテント会場内でした。4000人の来場者があったとのことですが、弊社ブースにも人がどんどんお越し下さいます。まさにひっきりなしという感じで、開場まもなくブース前は人だかりとなっていました。

今回の目玉商品はレッドワインバレルで15年熟成させたカリラです。

シェリー樽やワイン樽でフィニッシュをかけて瓶詰めするのではなく、原酒を15年間レッドワイン樽で熟成させたという、希少アイテムでした。

日本法人が全量仕入れましたので、国内限定販売商品です。

特製木箱やトートバッグもお付けして、販売させて頂きました。

また、これまでのウイスキーフェスで好評を頂いたミニボトル2種も、今回の目玉としてお持ちしました。リンクウッドとカリラ、いずれも東京フェスで売れ筋だったアイテムです。

お陰様でたくさんの方にご購入頂いて、当日持参したミニボトルはいずれも完売しました。また、カリラ15年も予想を上回る反響を頂き、とても多くのご注文を頂きました。この場を借りて、ご購入頂いた皆様に改めて御礼申し上げます。

今回の秩父ウイスキー祭2024では、これまでのフェスでお越し頂いた方々との嬉しい再会も多くありました。弊社を知って来てくださる方やご愛顧いただいている方とのご縁が、これからも広がっていくことを祈っています。

今後ともシングルキャスクジャパンを宜しくお願い致します!

また別のウイスキーイベントでお会いできることを楽しみにしております。





Comments


bottom of page